有酸素運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)には、ウォーキング(クッション性の高い靴を履き、正しい歩き方で歩くことが大切です)やジョギング(ジョギング愛好家をジョガーと呼ぶこともあります)、水泳、サイクリングなどいろいろあるものですが、ただ体を動かせばいいというようなのではないものです。十分な呼吸を確保しながらしっかり運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)することが大切で、漠然とやっていたのでは運動強度が低下し、あまり効果を得ることが出来なくなります。より効果的に有酸素運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)を行う。これが重要ですねが、ポイント(貯めると商品と換えられたり、お金の代わりに使えることもあるものです)は運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)の強度です。運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)を続けていると、疲労物質である乳酸が筋肉に蓄積されきます。この乳酸を取り除くために、呼吸でとりいれた酸素と血液中の脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)と乳酸が合成されます。つまり、脂肪が燃焼されると言う訳ですね。しかし、運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)強度が高過ぎてしまうと、呼吸が追いつかず筋肉が乳酸でいっぱいになり、動かせなくなってしまうのです。逆に、運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)強度が低すぎてしまうと、乳酸は生成されありませんが、酸素を多く血中に取り込む事が出来ないため、脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)が燃焼されないでしょう。よって、効果あり有酸素運動を行うには、適切な運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)強度で行う事が大切になってくるのです。では、どういう運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)強度が良いんでしょうか。心拍数で言うなら、最大心拍数が60〜80%くらいです。体力に自信がない方なら60%、普通の方なら70%、自信のある人は80%くらいの運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)がGood。心拍数の計測については、ランニング用に心拍数が計測できる腕時計(スイスと日本の製品の評判が特に高いと思います)が市販されているので、1つくらい持っていると良いですよ。有酸素運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)は継続して行う事が効果を得るには大切なのですねが、毎日行う必要はありませんよね。週に2〜4回くらい、時間は1時間くらいを目安にすると良いでしょう。なお、1時間継続することによっての運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)が難しい場合は、30分の運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)を二回とか、二十分の運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)を三回に分けて行っても良さそうですねー